TimeSwitch

つながるか、はなれるか「我」

つながる「我」



 

 「我」は、我は鋸の形です。
 もと刃にぎざぎざのある鋸を意味する字であったが、一人称の代名詞「われ」として使うようになりました。
 それで、我に代えて、のこぎりを意味する字として形声の字である鋸が作られました。
我が鋸の形であることは、義・羲が犠牲(いけにえ)として供えるために羊を我(のこぎり)で切る形であることから知られています。
 義はいけにえとして神にささげるための羊、羲は犠牲の羊の後ろ足が垂れて残っている形です。
 古い書には、はなれているものもあります。特に議・義の我に多くみられます。


我のある漢字  議4 義5 我6
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿