m

線の方向は?「寒」

左上から右下に「寒」



 

 「寒」の、古い字形は、宀(ベン)と艸が上下に二つ(ボウ)と
(ヒョウ・氷)とを組み合わせた形です。
 宀(建物の屋根の形)の中に、草(ボウ)を敷きつめ、そこに人が
おり下に氷がある、寒さを避けて草を敷きつける形で、「さむい」という意味を示しています。
 その寒い状態を人の上に移して、「さびしい、まずしい」意味にもつかいます。
 今の寒の字形は、塞(ソク・ふさぐ、とじこめる)の上部と同形であるが、塞は呪具である工を重ねたてんをつめて、そこに悪霊などを閉じこめる形で、寒とはもともと字形が異なります。
「冬」の最後の線は、古い活字体には、左下から右上に書いているものもありますが、今は左上から右下に書きます。


冫(ヒョウ・氷)のある漢字
宀のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿