m

線の方向は?「冬」

左上から右下に「冬」



 

 「冬」は、編み糸の末端を結び留めたです。
 甲骨文字・金文の字形は末端を結びつけた形であるが、のちその下に
ヒョウ(人を二つ・氷)を加えて冬となりました。
 冬がその音を仮りる仮借の用法で四季の名の「ふゆ」の意味に用いられるようになって、糸の末端を示す糸へんを加えた終の字が作られました。
 冬は終のもとの字です。
「冬」の最後の線は、古い活字体には、左下から右上に書いているものもありますが、今は左上から右下に書きます。


冫(ヒョウ・氷)のある漢字
夂のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿