m

線の方向は?「羽」

上は左上から右下・下は左下から右上の「羽」



 

 「羽」は鳥の羽の形です。
 鳥の羽を二枚並べた形で「はね」のいみとなります。
 鳥は、神霊の化身と考えられていたので、旗や武器などに
羽根飾りをつけました。
 小さな羽は羽(う)といい、大きな羽根は翼といいます。

 「羽」の中の線は、古い活字体には、右上から左下に書いているものもありますが、今は上は左上から右下・下は左下から右上に書きます。


 「羽」のある漢字  羽2 習3 翌6 があります。
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿