m

線の方向は?「雨」

中の線は左上から右下に「雨」



 

 「雨」は、空から雨の降る形です。
「あめ・あめふる」の意味につかいます。
 雲・雪・霰(あられ)・ 雹(ひょう)・霜・霧・靄(もや)・露・雫・霪(ながあめ)など、雨や水に関する天体現象を意味する字には多く雨かんむりをつける。
 雨の点の方向は、昔は横や縦長の字や、中心から外側に向かうもの、上から下に広がるように表しているものもありますが、今は左上から右下に書きます。


雨のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿