m

にている漢字「氷」

点はどこ・・左上「氷」


 

 「氷」もとの字はヒョウ(ひとが二つ)で、氷が凍っている形です。
 のち、水を加えて氷の字となりました。
 金文には冰(ひょう)の字形があるが、水は流れている水の形で、小さい水の流れを表し、小さい水の流れは凍りやすいので、水の横に氷のかたまりを二個つけている形とみられます。
 「こおり」のほかに、「こおる・つめたて」の意味にもつかいます。


水のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿