m

にている漢字「副」

右に立刀の「副」


 

 「副」音はフク(副の右)です。
 フク(副の右)は酒樽のように器腹がふくらんだ器の形で、 みちるの意味があります。
 フク(副の右)を刀(りっとう)で二つに分けることを副といい、「さく、わかつ、わける」の意味となる。
 [説文]に「判(わか)つなり」とあり、字はまたヒヨク(リの左右にフク(副の右))(さく)の形に作り、犠牲(いけにえ)の胸をさくことをいいます。
 二つに分けて、一つを正とし、他の一つを副とて予備とするので、正副(正と副。正式のものと、そのひかえ)・副弐(ふくじ・補佐すること。また、ひかえ)・副本(原本の写し)のように、「うつす、うつし、ひかえ、そう」の意味につかいます。


 「ふく」のある漢字 福3 副4 富5 があります。
リのある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿