m

にている漢字「複」

ころもへんの「複」


 

 「複」の音符は右旁のフクです。
 フクは容量をはかる量器を逆さまにした形で、再度の意味があります。
 [説文]に「重ね衣なり」とあり、「あわせ(裏地のついた衣服)」をいいます。
 また、「チョ(衣偏に者)衣なり」とあって、「わたいれ(中に綿を入れた冬の衣服)」をいいます。
 衣服に限らずすべて二重にしたものを複といい、「あわせる、かさねる、二重」の意味につかいます。


 「ふく」のある漢字  復5 複5 腹6 があります。
衣「ころもへん」のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿