m

にている漢字「設」

言べんと殳の「設」


 

 「設」は、言と殳(シュ)とを組み合わせた形です。
 説文に「施し陳(つら)ぬるなり」と、祭器などを陳設する(並べる)の意味とあります。
 設は甲骨文字・金文にはなく、この形のままで解するならば、殳(シュ)は羽飾りを持つ形であるから、言(神への誓いの言葉)をその殳(シュ)で清めるの意味となります。
 それで祭祀の際に、神の前に誓約するの意味となり、のちすべて神の前に並べることをいいます。
 のちひろく「もうける、つらねる、おく、ほどこす」の意味につかいます。


殳のある漢字
 言のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿