m

にている漢字「末」

上が長い 「末」


 

 「末」は、木の上部に肥天(●)を加えて、木の末端(こずえ)を示します。
 「こずえ、すえ、しも」の意味につかいます。
 木の下部に肥点を加えて、木の下部、木の根もとを示す字は、本で、本末(もととすえ。初めと終わり)のように本と末は相対してつかいます。



「末」のある漢字、末4があります。

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿