m

冂(ケイ)の中は?「内」

冂(ケイ)の中は人「内」



 

 「内」は、家屋の入口の形です。
 大きな木を組み、その上に屋根のある建物の入口の形です。
 屋根のない入口の形は入です。
 金文では「門に入る」を「門に内る」としるす例が多いが、内は入口が入った「うち、なか」の意味につかいます。
 内心・内省のように、心の中をいうときにもつかいます。
 内を書くときは、入ではなく人を書きます。


「内」のある漢字  内2 病3 納6
冂のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿