m

冂(ケイ)の中は?「属」

冂(ケイ)に虫の下が入って「属」



 

 「属」のもとの字は屬にで、尾と蜀とを組み合わせた形です。
 尾(ビ)は尾(お)をまっすぐ伸ばしている獣の形で、牝の獣、蜀は
牡の獣の形で、虫(キ)の部分が雄の性器の形です。
 尾と蜀とを組み合わせて、牝牡相連なること、交尾することをいいます。
 それで「つらなる、つづく、つなぐ」の意味となり、また「つく、ちかづく、まかす」の意味につかいます。  人にことをたのむことを嘱といいます。


 「禹」のある(教育漢字) 属3  常用漢字では、 があります。
 冂のある漢字
 尸「かばね・しかばね・しかばねかんむり」のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿