m

にている漢字「群」

君のある字「群」


 

 「群」の音は君(くん)です。
 君はクン(手偏に鹿の下に禾(か)・あつめる)と音が同じで、群れを
なして集まるという意味があります。
 羊はつくって行動する習性があるので、羊の群れを群といいいます。
 これを人に移して群衆のようにいいます。
 さらに羊・人以外のものについても「むれる、むらがる、むれ」の意味に使います。


羊のある漢字


 「君」のある漢字は、 君3 郡4 群5 があります。
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿