m

にている漢字「績」

責のある字「績」


 

 「績」の音は責です。
 責はもとの字は朿の下に貝のセキに作り、賦貢(フコウ・税)として納める物(貝)の上に印をの木(朿)を立てる形で、賦貢として納める財物をいいます。
 賦貢として納入する農作物を積といい、賦貢として納入する織物を績といいます。
 古くはハク(白の下に貝)といい、衣帛(イハク・布と絹)を納入しました。その績が規定通りによく納入されることを成績といいます。
 績は「糸をつむ、糸をうむ、つむぐ」、また「いさおし、てがら」の意味にも用います。


 「責」のある漢字 積4 績5 責5
糸のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿