m

にている漢字「特」

寺のある字「特」


 

 「特」の音は寺(じ)です。
 「特」の字は、大きい牡牛(おすうし)をいう字でした。また、牛に限らず
成獣の牡(おす)をいう字でした。
 この字を人について使う場合は[詩経、秦風、黄鳥]に「百夫(多くの男子)の特なり」(百夫にもすぐれたお方)とあるように、「すぐれる、異なる」の意味があます。また独と通用して「ことり、ただ」の意味に用います。


 「牛」のある漢字)  牛2 物3 特4 牧4 解5 件5 があります。
  犠牲とは「神などに供えるいけにえ。」です。いけにえには牛が最上級だったそうです。
 「寺」のある漢字  寺2 時2 詩3 持3 待3 等3 特4 があります。
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿