!DOCTYPE html>

m

にている漢字「達」

土の下の横線は何本「達」


 

 「達」の音は、タツ(達の中の字)です。
 タツ(達の中の字)もとの字は(タツ)で、大(後ろから見た牝羊の腰の
形)の下に子羊が生まれ落ちる形で、子羊の滑り出すように勢いよく
生まれる様子をいいます。
 「しんにょう」には歩く、行くの意味があります。それで渋滞することなく速く行くことを達といい、「とおる、つらぬく」の意味となります。
 とどこおりなくとおることから、「およぶ、いたる、とどく、さとる」の意味となります。
「達」の土の下の横線は三本です。


しんにょうのある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿