m

にている漢字「幸」

土の下の横線は何本「幸」


 

 「幸」は手かせの形です。
 古い字形からいえば、両手にはめる刑罰の道具である手かせの形です。
 これを両手にはめた形は執(とらえる)、報復刑として手による犯罪に、かせをはめることを報(むくいる)といいます。
 報は、両手に手かせをはめられてひざまづく人を又(手の形)で後ろから抑える形です。
 幸はおそらく倖(コウ・さいわい)の意味であるとおもわれます。
 手かせだけの刑罰ですむのは、僥倖(ギョウコウ・思いがけない幸せ)であり、思い刑罰を免れるというのは幸というのであるので、幸に「さいわい」の意味があります。
 土の下の横線は2本です。


 「幸」のある教育漢字は、幸3 報5。  他の常用漢字では、 があります。
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿