m

点があるか、ないか「博」

点がある「博」



 

  「博」の音はフ(博の右旁)です。
 フ(博の右旁)は根を包んだ苗木を手に持つ形で、苗木を土に植えることをいいます。
 十はおそらく干(たて)の形で、博(う)つとよむべき字だとおもわれます。
 金文に「ケンイン(北方族の名)を洛(川の名)の陽(北)にハク(干にフ(博の右旁))伐す」とあって、ハク(干にフ(博の右旁)の形に作る字もあります。
 博・ハク(干にフ(博の右旁)は搏(はく・うつ、たたく)と同じ字であるとみてよい。
 フ(博の右旁)に「ひろい、おおいに」の意味があり、博は「ひろい、ひろめる、おおきす、おおい」の意味につかいます。
ハク(竹冠に博)と通じて「すごろく、ばくち」の意味にもつかいます。


 「専」のある漢字 専6 博4 簿 があります。
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿