m

にている漢字「難」

「キン」と「カン」の違い「難」


 

 「難」は、左篇のカンと隹とを組み合わせ形です。
 左篇のカンは金文の字形では火矢(ひや・火を仕掛けて射る矢)の
形であるから、難は、隹(とり・鳥)を火矢で射る形で、鳥を驚かし、
なやますの意味となります。
 火矢で鳥を射ることは、ダ(鬼やらい)の儀礼と関係があり、鳥を使う占いとして行われたものであるとおもわれます。
 「なやます、なやむ」の意味から、「むずかしい、かたい」の意味となりました。
 左篇のカンは、くさかんむりと口と夫(横線は二本)です。


隹のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿