m

にている漢字「在」

子と土のちがい「在」


 

 「在」は、才と士とを組み合わせた形です。
 才は表示として、樹てた標木(目印の木)の形です。標木の上部に小さな横木をつけ、そこにさい(神への祈りの文であるのりとを祝詞を入れる器の形)をつけます。
 これによってその場所が聖化され、神聖な場所として「ある」ことをいいます。
 才は神聖な場所であること、神のある所を示す字であるが、それに士(小さな鉞の頭部の形)を聖器してそえて才を守り、神聖な場所としてあることを確認します。
 才が在のもとの字で、在は神聖なものとして「ある」の意味となり、のちすべて物が「ある」の意味、人が「おる」の意味にもなります。


土のある漢字
があります。
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿