m

にている漢字「存」

子と土のちがい「存」


 

 「存」は、才と子とを組み合わせた形。
 才は表示として立てた標木(目印の木)の上部に横木をつけ、そこにさい(神への祈りの文である祝詞を入れる器の形)をつけた形で、標木を立てて場所を聖化する儀式で、在のもとの字である。
 在は才に聖器として土(小さな鉞の頭部の形)を加え、その場所が神聖な場所としてあることを確認している。
 才に子を加えた存は聖化の儀式によって、子が聖化されて子の存在が保障されることを示し、「ある、神聖なものとしてある、いきる、たもつ」の意味となる。
 存心(心に思うところ、考え)・存問(安否を問うこと)のように、「おもう、とう」の意味に用いる。
 存在(現実にそこにあること)とは、もと聖化されてきよめられたものとしてあるの意味であった。


子のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿