m

にている漢字「委」

女と子のちがい「委」


 

 「委」は、禾(か)と女とを組み合わせた形です。
 禾は禾(いね)の形をした被りもので、稲魂(いなだま・稲に宿る神霊)の象徴であろうと思われます。
 禾(いね)を頭に被って舞う女の姿です。田植えのとき、ゆたかに稔ることを願って田の舞をするが、そのとき男女二人で舞います。
 男の舞う姿は年で、古くは禾の下に人をかきました。
 男は立って舞うが、女は低い姿勢でしなやかに舞うので、委には「ひくい、したがう、まかす」などの意味があります。  また「しなやか」なことから、「よわよわしい、やつれる」の意味になります。


禾のある漢字
女のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿