m

にている漢字「捨」

一と土のちがい「捨」



 

 「捨」のもとの字は手偏に舍で、音はしゃです。
 舍はさい(神への祈りの文である祝詞を入れる器の形)を把てのついた
長い針で上から突き刺し、祈りの効果を捨てさせることをいいます。
 捨はそれに手を加えて、その行為を示す字としました。
 のちすべて「すてる」の意味に用い、「おく、ゆるす」の意味に用いる。


 「舎」のある漢字  舎5 捨6 があります。
てへんのある漢字

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿