m

にている漢字「卒」

なべぶたと十「卒」



 

「卒」は、衣の襟を重ねて結び止めた形の字です。
 死者の衣の襟元を重ね合わせて、死者の霊が死体から脱出するのを
防ぎ、また邪悪な霊が入り込むのを防いだものとみられます。
 それで「しぬ、おわる、つきる、ついに」の意味となりました。
息をひきとると、とり急ぎ襟もとを重ね合わせるので、卒然(にわかなこと、突然)のように「にわか」の意味につかいます。


亠なべぶたのある漢字

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿