m

にている漢字「悪」

ニシと亜「悪」



 

  「悪」もとの字は惡です。音は亞、亞は地下室の墓室の平面図です。
 そこは死者の住む所であるから、生きている人にとっては快い場所ではなく忌み謹むべき所です。
その忌み謹む思いを悪といい、「にくむ」の意味となります。それは、愛好に対する憎悪の感情であり、のち、善悪の「わるい」の意味となりました。
 死者を埋葬する葬礼など、霊に対する儀式をとり行う執行者を亞といいました。
 亜職の人は聖職に従事する神官であるので、族長に次ぐ二番目の人とされた。それで亜は「つぐ、第二」の意味に使われるようになりました。



「亜」のある(教育漢字)は、悪3、常用漢字では、があります。

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿