m

でるか、でないか「矢」

上に出ない「矢」



 

  「矢」は、象形文字で「矢の形」です。
 「知」は、矢と口とを組み合わせた形です。
 矢は神聖なものとされ、口はさいで、神への祈りの文である祝詞を入れる
器の形です。神に祈り、神に誓うことを知といいます。
 「医」のもとの字は醫 で(えい・匚の中に矢と殳)と酉(ゆう)とを組み合わせた形であり、医は醫の略字です。医は匸(けい・かくされた場所)に、悪霊を祓う力のある矢をおく形です。
 「族」は、エン(方と人)と矢とを組み合わせた形です。エン(方と人)は吹き流しをつけた旗竿の形で、氏族旗をいいます。矢は神聖なものとされ、神に誓うときには矢を折るようなしぐさをして誓ったらしく、矢(ちか)うとよみます。その氏族の誓約に参加する「やから(一族。同族)」の意味となります。
 「短」は、矢によって長短の長さをはかるの意味とする。豆は脚が高く頸の部分の短い食器であるので、短は短い矢をいい、すべて「みじかい、ひくい」の意味となりました。


「矢」のある漢字

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿