m

あるかないかのちがい「艮」

上に点がない「艮」



 

 艮は、邪悪にものが神聖な場所に立ち入らないようにするために目(人に呪(のろ)いをかけ、災いを与える力を持つ呪眼(じゅつがん))を掲げておき、進入者がその邪眼におそれて後ろ向きになって(ヒ)退散することを示す字である。
 したがって、もどるの意味となる。



「艮」のある漢字
艮は第一水準漢字、うしとらの意味です。

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿