m

あるかないかのちがい「社」

右に点がないしめすへん「社」



 

「「社」のしめすへんは、神を祭る時に使う机である祭卓の形です。
 もとは示を左に縦長書いていましたが、後に「ネ」になりました。
 王羲之(おうぎし、303年~361年。中国東晋の政治家・書家。)の
書にも「神・社」などの字がみられます。
 社は土がもとの字であるが、土が「つち」の意味に使われるようになったので、土に示へんを付けた社がもとの「やしろ」の意味に使われるようになりました。

「しめす(ネ)へん」のある漢字
土のある漢字

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿