m

あるかないかのちがい「展」

「展」の下の部分が衣になってしまう字



展は、尸(し)と「テン」(工が四つ)と衣を組み合わせた形。
 死者の衣のえりもとに呪具の「テン」をつめて、死体に邪霊がとりつくのを
防ぐことを展という。
 もとの字、篆書や古い時代の中国の碑には、展の下が衣になっている字が見受けられます。その後は、衣の三画がない字になっています。



尸(かばね・しかばね・しかばねかんむり)のある漢字
衣のある漢字 です。「ころも」でないのは、他に「」があります。
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿