m

部首のまちがい・確

右の上がウ冠になる 「確」



 

「確」でみられる間違いは音の「カク」の上がウ冠になることです。
 カク(確の右旁)は飛び立とうとする隹(とり)の上に冂(ケイ・わくの形)を
加えて、強くひき止めることをいいます。
 カク(確の右旁)に石をそえて、石が「かたい」という意味を加えたもので、石でかためたものは固くしっかりしたものです。
 「かたい、たしか」の意味に使い、国語では「たしかめる」とよみ、真偽を確かめるのようにいます。


冂のある漢字
石のある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿