m

部首のバランスのちがい「荷」

「荷」のにんべんを大きくかいて、その右にくさかんむりと「可」を書いた字



荷の「何」は「カ」という音をあらわす字として用いられています。
くさかんむりをつけて、「カン」という名の植物(はすの花)をあらわします。
 「何」の古い字形には、戈(ほこ)を荷(にな)字形がある。「荷」は「何」と通じて「になう」の意味に用いるようになりました。 何が今の「なに」と意味に用いられているので、ハスの「荷」の字を、になうの字として使うようになりました。 したがって、「何」とくさかんむりの「荷」が正しい字です。



くさかんむりのある漢字
イのある漢字
部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿