m

部首のまちがい・前

上が草かんむりになる「前」。



この字を学習してからすぐに出る間違いは、上の部分が草冠になった字を書くことです。
 前は、止か上で足の意味です。月は盤(大きな平たい器)の形。リは刀。
 盤中の水で足を洗い、刀で足指の爪を切りそろえることをいいます。
 爪を切るのは、旅立ちの前や、旅から戻ってきたときに行う儀式でした。
 「」が「まえ、すすむ」の意味に用いるようになって、前の下に刀を加えて剪(セン・きる)となり、前に「てへん」を加えて揃(セン・きりそろえる)になりました。

 教育漢字で止を上に書く字は「」。常用漢字で止を上に書く字は「」と「」です。これらの草書の中には、上が前と同じように見えるものもあります。


くさかんむりのある漢字

部首のまちがい

部首のバランスのちがい
宿
あるかないかのちがい







つながるか、はなれるか
    
でるか、でないか
    
点があるか、ないか

冂(ケイ)の中は?


線の方向は?

まっすぐか、曲がるか


にている漢字

使 便     
    
     綿