書き順
なりたち
 形声 音符は肖(しょう)。硝石は硝酸カリウムを主成分とするガラス状の結晶体で、燃えるときに紫色の火を発する。カリ肥料としても使われるが、爆発性があるので火薬に用いられる。火薬を作る方法は中国で早く開発されたが、それは道家(どうか)が錬金術などを試みている過程で発見された。北宋(ほくそう)時代(十世紀~十二世紀初)以前に実用されており、1044年に刊行された「武経総要(ぶけいそうよう)」にみえる。硝子(しょうし)は水晶のようなもので、硝石とは関係ない。ガラスの表記に、硝子(ガラス)のように用いる
そのほか
画 数 12画
部 首 いしへん
音読み しょう・呉音
しょう・漢音
訓読み -
用例 硝化(しょうか)
硝子 (ガラス) 
硝石(しょうせき)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
鉱石の一。硝石 硝酸
火薬 硝煙・硝薬・煙硝
なかまのかんじ

鉱物の漢字
口のある漢字
石のある漢字
小のある漢字
月のある漢字
肖のある漢字  消3