書き順
なりたち
 会意 隹(すい)と火(灬)とを組み合わせた形。隹(とり)に火を加えて、隹を焼くことをいう。「説文」には𤓪(しょう)の字形があり、これは多くの隹を焼くの意味である。のちすべて、「やく・こげる・こがす」の意味となり、また人の心情に移して焦心・焦慮(気持ちをいらだたせること。思い悩むこと)のようにいう。国語では、「あせる」とよむ。燋(しょう)も「やく」の意味に用いる。
そのほか
画 数 12画
部 首 れんが、れっか
音読み しょう・呉音
しょう・漢音
訓読み こげ-る
こが-す
こ-がれる
あせ-る
用例 焦土(しょうど)
焦点(しょうてん)
焦心(しょうしん)


なかまのかんじ

隹のある漢字
灬のある漢字