書き順
なりたち
 象形 星の光の形。星の古い字形には、晶の下に生を加えたものがある。「説文」は、三日(さんじつ・三つの太陽)の光であるとしているが、太陽が三つもあるはずがない。日は太陽の形の日ではなく、この字の場合は星の形である。昌(しょう)は二つの日(星の形)を組み合わせた形で、星の光の意味から、あきらか・さかんの意味となる。晶は星の数が三つで、星の光が昌よりも明るくなり、「あきらか、かがやく」の意味となる。星の光は熱を伴わないので、そのような光を持つ結晶体を水晶(石英が六角柱状に結晶したもの)という。
そのほか
画 数 12画
部 首
音読み しょう・呉音
せい(外)・漢音
訓読み あきらか(外)
用例 水晶(すいしょう)
結晶(けっしょう)
晶光(しょうこう)


なかまのかんじ

日のある漢字