書き順
なりたち
 形声 音符は少(しょう)。少は小さな貝を紐(ひも)で綴(つづ)った形で、散乱している小さな貝を集めて綴ることをいう。抄は小さなものをすくってとるような取り方をいい、「すくう・かすめる」の意味となる。また、「ぬきがきする・うつす」の意味に用いる。わが国では、室町時代の禅宗の僧らの講義の筆記録を抄物(しょうもの)といったが、初期口語の資料として貴重なものである。
そのほか
画 数 7画
部 首 てへん
音読み しょう・呉音
そう(外)・漢音
訓読み すく-う(外)
かすめとる(外)
うつ-す(外)
用例 抄出(しょうしゅつ)
抄本(しょうほん)
抄紙(しょうし)


なかまのかんじ

扌のある漢字
小のある漢字
少のある漢字