書き順
なりたち
 会意 もとの字は敍に作り、余(よ)攴(ぼく)とを組み合わせた形。余は把手(とって)のついた大きな針の形。攴は木の枝の形(卜)のものを手(又)に持ってうつの意味。叙は大きな針で刺し、膿(のう・うみ)を取り除いて治療することをいう。それで、痛みが緩(ゆる)やかになり、しだいに回復するので、「順序を追ってする、順序をおって説く(のべる)、ついでる」の意味となり、叙述(順序を追って書きしるすこと)・叙録(順序立てて記録すること)のように用いる。
そのほか
画 数 9画
部 首 また
音読み じょ・呉音
しょ(外)・漢音
訓読み の-べる(外)
ついでる(外)
用例 叙景(じょけい)
叙事(じょじ)
自叙(じしょ)


なかまのかんじ

道具に由来する漢字
𠆢のある漢字
小のある漢字
余のある漢字  余5 除6
又のある漢字