書き順
なりたち
 形声 音符は尊(そん)。「説文」に「循(したが)ふなり」とあり、遵と循とは音・意味の近い字である。循は盾を掲げて巡行し、循撫(案じて従う)するの意味である。遵は酒樽(さかだる)を捧(ささ)げて巡行することをいう。酒を供えて祭祀(さいし・祭り)を行い、その祭祀に従わせるの意味であろう。循は武力によって、遵は祭祀によって、「したがえる、したがう」の意味となる。
そのほか
画 数 15画
部 首 しんにょう
音読み しゅん(外)・呉音
しゅん(外)・漢音
じゅん・慣用音
訓読み したがえる(外)
用例 遵守(じゅんしゅ)
遵法(じゅんぽう)
遵節(じゅんせつ)


なかまのかんじ

酉のある漢字
酋のある漢字  尊6
寸のある漢字
辶のある漢字