書き順
なりたち
 形声 音符は閏(じゅん)。閏の音符はおそらく壬(じん)で、壬に妊(はら)むの意味があるように、ものが肥大することをいう。それで水がしだいにしみ込んで広まるような状態を潤(うるお)うという。水のしみ込むの意味から、「うるおす、うるおう」の意味となり、さらに、「つややか・つや」の意味となる。「大学、第六章」に、「富(とみ)は屋(おく・家屋)を潤し、徳は身を潤すとあるのは、潤沢(ゆたか)にするの意味である。
そのほか
画 数 15画
部 首 さんずい
音読み にん(外)・呉音
じゅん・漢音
訓読み うるお-う
うるお-す
うる-む
用例 潤滑(じゅんかつ)
潤色(じゅんしょく)
湿潤(しつじゅん)


なかまのかんじ

氵のある漢字
門のある漢字
玉 王のある漢字