書き順
なりたち
 形声 音符は旬(じゅん)。旬は、徇(じゅん)の意味で、旬にめぐり従うの意味があり、徇に人に従うの意味がある。歹(がつ)はもとの形が𣦵で、死者の胸から上の残骨の形で、人がこれを拝む形が死である。主君・主人の死後、臣下の者があとを追って自殺すること、「おいじに」を殉、殉死といい、殉死者としい同時に埋葬されることを殉葬という。殷(いん)王の墓には、ときに幼い者を殉葬していることがあるが、それは王に精気を与えようとする意味をもつものであろう。のちには殉葬者に代えて、土偶(土で作った人形)などを使用した。
そのほか
画 数 10画
部 首 かばねへん
音読み じゅん・呉音
しゅん(外)・漢音
訓読み おいじに(外)
用例 殉教(じゅんきょう)
殉職(じゅんきょう)
殉難(じゅんなん)


なかまのかんじ

歹のある漢字 
死3 列3 残4 例4
勹のある漢字
日のある漢字