書き順
なりたち
 形声 音符は孰(じゅく)。塾は建物の門の側(そば)にある部屋(わきべや)で、元服の礼などの儀式を行う部屋であった。またそこは学問を習う部屋としても使われた。わが国の江戸時代には、塾が学習の場として重要な役割を果たした。
そのほか
画 数 14画
部 首 つち
音読み じゅく・呉音
しゅく(外)・漢音
訓読み わきべや(外)
まなびや(外)
用例 義塾(ぎじゅく)
私塾(しじゅく)
塾生(じゅくせい)


なかまのかんじ

建物に由来する漢字
亠のある漢字
九のある漢字
口のある漢字
子のある漢字
享のある漢字  熟6
丸のある漢字  丸2 熱4 勢5 熟6
土のある漢字