書き順
なりたち
 会意 もとの字は獸に作りで、嘼(きゅう)と犬とを組み合わせた形。嘼の上部は單(単)で、二本の羽根飾りのついた楕円(だえん)形の盾の形で狩猟の時に使用した。下部の口は、さい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)で、狩猟に先立って行う、狩猟の成功を祈る儀式を?という。これに猟犬の犬を加えて獸となり、狩りの意味に用いる。獣が狩のもとの字で,甲骨文では獣を、「かり」の意味に使っている。のち捕らえられた「えもの、けもの」という字となり、「かり・かりする」の意味には形声の字の狩が作られた。
そのほか
画 数 16画
部 首 いぬ
音読み しゅ(外)・呉音
しゅう(外)・漢音
じゅう・慣用音
訓読み けもの
けだもの(外)
用例 獣医(じゅうい)
野獣(やじゅう)
獣皮(じゅうひ)


なかまのかんじ

武器に由来する漢字
口のある漢字
ツのある漢字
田のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
犬のある漢字
犬1 然4 状5 燃5