書き順
なりたち
 会意 もとの字は歰(じゅう)に作り、両足が左右向かい合う形。止は趾(あしあと)の形で、足の意味。点をつけた刀は止を逆(さか)さまにした形。歰はそろえた足が向かい合って、前に進むことができないので渋滞(とどこおって進行しないこと。しぶること)の意味となる。澁は水のために進みにくいことをいう。「しぶる」の意味をものの味の上に移して、喉(のど)を通りにくいような「しぶい」味の意味に用いる。国語では、「しぶ」とよみ、柿(かき)の渋(しぶ)のようにいう。
そのほか
画 数 11画
部 首 さんずい
音読み しゅう(外)・呉音
そう(外)・漢音
じゅう・慣用音
訓読み しぶ
しぶ-い
しぶ-る
用例 苦渋(くじゅう)
難渋(なんじゅう)
渋滞(じゅうたい)


なかまのかんじ

人体に由来する漢字
氵のある漢字
卜のある漢字
止のある漢字