書き順
なりたち
 象形 肥満している人の形。とくに腹部が肥満した人の姿のようである。肥えている人は体力・気力が充溢(満ちあふれている)とされて、充満(いっぱいになること。満ち足りること)の意味となる。盥(たらい)入って水をあびる人の股(もも)がもりあがっているのを盈(えい・みちる)という。充盈(満ち足りること)とは、もと人の肥満している姿をいう。「みちる・みたす」のほかに、充当(ある目的や用途にあてること)のように、「あてる」の意味にも用いる。
そのほか
画 数 6画
部 首 ひとあし
音読み しゅ(外)・呉音
しゅう(外)・漢音
じゅう・慣用音
訓読み あ-てる
み-ちる(外)
用例 充実(じゅうじつ)
充足(じゅうそく)
補充(ほじゅう))


なかまのかんじ

人体に由来する漢字
亠のある漢字
厶のある漢字
儿のある漢字
充のある漢字  統5