書き順
なりたち
 会意 龍(竜)と衣とを組み合わせた形。龍(りゅう)は襲(しゅう)と音の関係を考えることができないから、衣の文様(もんよう)とみるほかない。おそらく、死者の衣の上に、竜の文様の衣を襲(かさ)ねて着せたのだろう。また、位を襲(つ)ぐ儀式のとき、その衣を上に襲(かさ)ねたので、「つぐ・うけつぐ」の意味となり、あとからその地位を襲(つ)ぐので、「おそう」の意味となる。
そのほか
画 数 22画
部 首 ころも
音読み じゅう(外)・呉音
しゅう・漢音
訓読み おそ-う
かさ-ねる(外)
用例 襲来(しゅうらい)
世襲(せしゅう)
襲名(しゅうめい)


なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
亠のある漢字
立のある漢字
月のある漢字
龍のある漢字 
衣のある漢字