書き順
なりたち
 形声 音符は就(しゅう)。「説文」に、「躡(ふ)むなり」とあり、足でふむ意味とするが、ふみつける、けるというような激しい動作をいう。「ふむ、ける」の意味に用いる。しょうは慣用語である。
そのほか
画 数 19画
部 首 あしへん
音読み すく(外)・呉音
しゅく(外)・漢音
しゅう・慣用音
訓読み け-る
用例 蹴踏(しゅうとう)
一蹴(いっしゅう)
蹴鞠(しゅうきく)


なかまのかんじ

口のある漢字
足のある漢字
亠のある漢字
小のある漢字
京のある漢字  京2 景4 就6
尤のある漢字  就6