書き順
なりたち
 会意 囗と人とを組み合わせた形。囗(かこみ)の中に人を捕らえて入れている形で、「とらえる・とらわ れる・とらわれびと」の意味となる。捕虜となって囚(とら)えられた人を囚といい、罪によって拘囚された(捕らわれて獄に入れられた)者を囚人という。拘囚のときは多く土室を用い、牢獄のことを深室・圜土(えんど)のようにいう。
そのほか
画 数 5画
部 首 くにがまえ
音読み じゅ(外)・呉音
しゅう・漢音
訓読み とら-われる(外)
用例 囚人(しゅうじん)
幽囚(ゆうしゅう)
囚役(しゅうえき)


なかまのかんじ

囗のある漢字
人のある漢字