書き順
なりたち
 形声 音符は朱(しゅ)。「説文」に、「死(ころ)すなり」とあり、死刑にすることをいうとするが、それは、誅(ちゅう・ころす)と音が通じて通用するからである。ころすの意味の字は、誅がもとの字であろう。「詩経」に、「公路(官名)に殊異なり」とあり、殊異とは、きわだってすぐれているという意味である。殊は、「ことなる・ことにすぐれている・ことに・こと・はなはだ」の意味に用いる。
そのほか
画 数 10画
部 首 かばねへん
音読み じゅ(外)、す(外)・呉音
しゅ・漢音
訓読み こと
こと-なる(外)
用例 殊勲(しゅくん)
殊勝(しゅしょう)
特殊(とくしゅ)


なかまのかんじ

夕のある漢字
歹のある漢字 
死3 列3 残4 例4
木のある漢字
未のある漢字 
妹2 来2 味3 未4 株6