書き順
なりたち
 会意 もとの字は釋で、釆(べん)と睪(えき)とを組み合わせた形。釆は獣の爪(つめ)の形。睪は獣の屍体の形で、罒は眼、幸は肢体(手足)の形である。獣の爪で屍体を引き裂きばらばらにすることを釈という。牛の角を刀で切り落とすことを解といい。その死体をばらばらにすることを釈という。合わせて解釈(意味や内容などをとき明かすこと)という。のち釈はすべての固まったもの・もつれたものを、「とく・ときほぐす」の意味に用い、また舎と通じて「すてる」、赦と通じて「ゆるす」の意味にも用いる。
そのほか
画 数 11画
部 首 のごめへん
音読み しゃく・呉音
せき(外)・漢音
訓読み とく(外)
用例 釈義(しゃくぎ)
釈然(しゃくぜん)
釈明(しゃくめい)


なかまのかんじ

米のある漢字
釆のある漢字  番2
尸のある漢字
尺のある漢字  駅3 尺6 訳6