書き順
なりたち
 形声 音符は勺(しゃく)。勺は匕杓(ひしゃく)の形で、酉(ゆう)は酒樽(さかだる)の形。酒樽から杓で酒を「くむ」ことを酌という。「説文」に、「酒を盛(い)れて觴(さかづき)を行(めぐ)らすなり」とあり、盃(はい)を交わして酒盛りすることをいう。酒を酌むときに、その分量をはかりながら行うので、先方の事情を考えて取りはからうことを、斟酌(しんしゃく)といい、事情をよく考えて処置することを酌量という。
そのほか
画 数 10画
部 首 ひよみのとり
音読み しゃく・呉音
しゃく・漢音
訓読み く-む
用例 独酌(どくしゃく)
酌酒(しゃくしゅ)
酌量(しゃくりょう)


なかまのかんじ

酉のある漢字
勹のある漢字
勺のある漢字  的4 約4 均5